Home > 電気・通信工事 > 電源の追加、電気配線工事

電源の追加、電気配線工事

オフィス・事務所の電源・コンセントの設置から、工場や倉庫の電気配線工事まで、様々なシーンに対応した工事に対応いたします。

電気・電話配線の設置工事から、オフィスの電源設置・電気容量の調整まで

【オフィス】 電源が足りない、度々ブレーカーが落ちる

特に賃貸のオフィスでは、電気容量の変更はビル側の許可が必要なケースが多く、簡単には変更できません。

しかし、電源・ブレーカーやコンセントの設計が不十分だと、利用できる電力量を使いきれていないケースも多くあります。

単なる電源追加や電気容量の変更だけでなく、電源周りを調査、ブレーカー・コンセント系統のバランスを調整するなどで、快適に電気を利用できる環境づくりをサポートいたします。

【倉庫・工場】 電線・電話線を設置したい

倉庫や工場内では、フォークリフトなど多様な車両が走ります。

そのため、電話線や電線は天井に配管やラックを敷設して、ケーブルを通すことが一般的ですが、高所作業となるため大がかりな工事となって、費用も高くなりがちです。

将来の変更や追加に備え、要所要所に中継用BOXを設けたり、配管の敷設に余裕をもって設計するなど、トータルでのコスト抑制に努めたご提案を行っています。

海外製の機器を使用したい、大容量の電気を使用したい

海外製の機器類を利用したい場合、電気の規格も別途用意が必要になる場合があります。また、賃貸オフィスの場合、ビル側との調整が必要となるケースもあります。

規格に合った電気プラグの設置から、ビル側との調整、外部からの電源の引き込み、ブレーカーの増設、フロアー毎の容量調整など、電気工事に関わる業務を一括してお引き受けいたします。

お問合せ

⇒ 電気・通信工事トップ