Home > 調査・保守 > 通信キャリアの基地局保守

通信キャリアの基地局保守

携帯電話の通話・通信を支える、基地局の保守・保全

基地局にはオープンと言って鉄塔やビルに設備を設置して、屋外や街路に向けて電波を発射していると、インビルと言ってビル内や地下街・地下鉄に向けて電波を発射しているものがあります。

携帯電話基地局保守

携帯キャリアでは携帯電話の発信基地局を集中的に管理をしているセンターからの指示で基本的に365日24時間体制で出動します。

通信障害の原因にはさまざまなものがあり、現地に急行し現状を把握すると同時に、センターとのコミュニケーションがとても大切な仕事です。

各キャリアによって其々な特徴があり対応は様々ですが、故障発生時にはいつも緊張を強いられます。

携帯電話基地局の保全 (定期保守)

保全計画に則って行われ計画通りにすすむことが要求されます。

オープンの基地局では、下は雑草除去・錆止め塗装工事・収納箱(ビルの屋上で設備を収めている)点検・電気系統の保安点検があります。

また、インビル基地局では稼働状況のチェック(電源確認・導通確認)を行います。

全て故障を未然に防ぐための計画で、保全をしっかりする事で、保守の負担を減らし、通信障害の要因を削除する重要な仕事です。

お問合せ