Home > 調査・保守 > ネットワーク機器保守

ネットワーク機器保守

24時間365日の保守体制と、販売・サポート終了製品まで含めた物品供給体制

システムネットワーク保守24時間365日保守体制を保有維持しております。
また、現行機種及びEOSL機種の物品供給体制については、当社パートナー企業と連携し国内外から調達致することにより、安定供給に万全の体制を維持しております。

EOS(End of Sale):製品販売の終了と、EOL(End of Life):製品サポートの終了

ネットワーク機器の大手メーカー、シスコシステムズのハードウェア製品のライフサイクルポリシーには、EOS(End of Sale):製品販売の終了と、EOL(End of Life)製品サポートの終了という用語があります。

我々の扱うEOSL(End of Service Life)機種とは、シスコシステムズに倣い、過去に販売された製品のサポートやサービスの提供が終了すること、またその期限以降はその製品の使用に関連して不具合が生じても、保守、部品交換、修正版の提供などのサービスは受けられない期間に入った製品を指します。

これらの製品に不具合や故障が発生した場合は、メーカー以外から機器及びサービスを受ける必要があるためです。

EOLS機種への対策が重要に

日本国内では頻繁にネットワークシステムの現行機種への更新が日々行われています。

しかし、システム更新計画前にEOLS製品の故障不具合が起こる事があります。何時起きるか判らない故障の対応を常に考えなければなりません。


当社では、システムネットワーク保守24時間365日の保守体制とともに、現行機種及びEOSL機種の物品供給体制を、当社パートナー企業と連携して国内外から調達し、安定供給に万全の体制を維持しております。

サポートの終了した製品のストックとその販売のサービスを実施するばかりでなく、調達先を分散し品揃えの多さと価格の安定に寄与しています。

エー・エヌ・エスの取組み

すでに開始されている国内全国津々浦々までの通信工事・電気工事の保守プログラムに加え、ネットワークのオンサイト保守を強化致しました。

> エー・エヌ・エスの取組み

パートナー企業の取組み

国内の顧客企業に向けて世界標準の新古・中古のルーター・スイッチアクセスサーバー等ネットワーク製品を提供できる具体的な体制と、品質管理プロセスを強く打ち出しています。

パートナー企業の取組み

Cisco Systems取扱商品群

ルーター
  • GSR12000シリーズ
  • ESR10000シリーズ
  • 7600シリーズ
  • 7500シリーズ
  • 7200VXRシリーズ
  • ISR1800/2800/3800シリーズ
  • ISR1900/2900/3900シリーズ
  • 3600/3700シリーズ
  • 2600/2600XMシリーズ
  • ASR1000シリーズ
スイッチ
  • Catalyst 6500シリーズ
  • Catalyst 5500シリーズ
  • Catalyst 4900シリーズ
  • Catalyst 4000/4500シリーズ
  • Catalyst 3750シリーズ
  • Catalyst 3560(G)/3750(G)
  • Catalyst 3560(E.X)/3750(E.X)
  • Catalyst 3550シリーズ
  • Catalyst 3500シリーズ
  • Catalyst 2950/2960/2970
  • Catalyst 2900XLシリーズ
  • 音声&オプティカル
IP電話
  • AS5300/5350アクセスサーバ
  • AS5400/5800/5850アクセスサーバ
  • ONS15454/15327/オプティカルトランスポート
アクセサリ
  • XENPAK
  • GBIC
  • SFP
  • 電源
  • メモリ
お問合せ