Home > 事例紹介 > 東京慈恵会医科大学学術情報センター図書館様

東京慈恵会医科大学学術情報センター図書館様|事例紹介

東京慈恵会医科大学学術情報センター図書館
住所:東京都港区西新橋3-25-8 高木会館

同国領分館
住所:東京都調布市国領町8-3-1


上記2ヶ所でWi-Fi環境の構築をご協力させていただきました。

学内イントラとは別の、制約がない接続環境が必要でした

Q).Wi-Fi環境を導入する必要性は何処にあったのでしょうか。

A).本を読みながら自由にインターネットを活用したいという要望が大きかった点です。

館内にも固定PCは備え付けてありますが、本を開きながらの利用が行いにくい点や、席の空いている場所や自分の席で利用できない点が不便でした。

さらに、固定PCは所蔵検索・電子ジャーナル・データベースの利用が中心で利用上の制約があるため、もっと自由に蔵書の本を閲覧しながら視聴できるようにする必要性がありました。

また、純粋に学生からのポータブル端末やタブレットPC、スマートフォンのWi-Fi接続の要望もありました。

Q).導入費用に補助金を利用されたのでしょうか。「名称」「対象」を教えてください。

A).こちらの補助金の、平成25年度のものを活用しました。「私立大学等教育研究活性化設備整備費補助金(文部科学省)

機器の設置・セットアップが補助対象、LAN設置・館内穴開け工事は対象外であることや、補助金交付額や学内予算額が決まっていることから、導入に関して総合的・柔軟な対応を行ってくれる業者が必要でした。

想定しない用途での活用が広がっています。

Q).導入されたWi-Fi環境はどの様に使用されていますか。利用者の意見はございますか。

A).高木会館の中2階奥は電波状況が悪くWi-Fiが通じませんが、利用者は承知しているので、移動して使っています。

イントラネットで検索できない事柄も検索出来るなど、総じて便利になったとの評判があります。

ノートPC・ポータブルタブレットiPadの貸出サービスも開始しています。

また、Wi-Fi環境の設置前には想定していなかったのですが、館内の利用者だけでなく、職員にも良い影響が出てきています。

西新橋本館と国領分館に職場が分かれており、電話とメールでのやりとりが中心ですが、Wi-Fi環境の整備後は、様々な方法で便利に利用できるようになりました。

お問合せ