Home > お知らせ・プレスリリース > バセッティが主導する東南アジアを中心とする国際ネットワークの構築に貢献いたします

バセッティが主導する東南アジアを中心とする国際ネットワークの構築に貢献いたします

プレスリリース本文

プレスリリース

報道関係各位


株式会社エー・エヌ・エス


東南アジアと日本国内をつなぐ国際ネットワークの構築に貢献


21世紀における経済発展の中心地となるのは、東南アジアが中心となっていくことは、現在の経済成長や人口、資源、潜在性においても疑う余地はほとんどありません。


当社では、東南アジアでも著しい成長を示している、マレーシアとその周辺国の現場について視察を行いました。そして、この度マレーシアを中心に東南アジアの他地域にわたって通信事業を行うバセッティグループの「アジアネットワーク構想」への貢献を決定いたしました。


バセッティグループの中核を担うバセッティコミュニケーションの本社は、クアラルンプールの洒落た近代的なビルの最上階にあります。

現行の計画では、光ネットワークをマレー半島から東インド・ミャンマー・タイ・カンボジア・ラオス・ベトナムと中国の南側や台湾を通り、フィリピン・シンガポールの範囲を構想しています。海底ケーブルへのアクセスと地上の幹線敷設を猛スピードで構築中です。また、幹線には50km間隔で保守用の基地を設けそこを地域の通信アクセスの中心地(Wi-Fiスポット等)として活用する計画も進行中です。


既に地上幹線の敷設は進行中ですが、日本のFTTHのような状態になるまでには、長期的なインフラ構築のステップを踏んで行く事になると思います。幹線の工事も日本の技術をそのまま押し付けるのでは無く、現地の習慣や環境に適合した工法の選択がとても大切だと痛感させられました。


当社は東南アジアと日本国内をつなぐ国際ネットワークの構築を目指しています。また、東南アジア各国の通信インフラの構築に足並みを合わせて、民間企業の国際ネットワーク網の構築を始めてまいります。


■アジア広域ネットワーク構築の詳細

※下記のページをご参照ください。
http://www.a-n-s.jp/network/column/malaysia.html

お問合せ