Home > 電気・通信工事 > オフィスのLAN配線・ネットワーク工事 > モデム・ルーター・ハブ

モデム・ルーター・ハブ

オフィスのレイアウト変更時や移転時などの配線工事・ネットワークの移設・設定変更、サーバや周辺機器の追加など、専門の技術者が迅速にサポートいたします。

モデム

モデムは、データをキャリアの公衆ネットワークとローカルネットワークとの間相互に接続させる働きをします。モデムは「VDSL装置」又は「光回線終端装置(ONU)」とも呼ばれ、物理的には回線とLAN端子の変換をする装置と言うことも出来ます。

モデムの中にはモデム内にルーターが内蔵されている物(モデムルーター)や、モデムの中にハブ内蔵ルーターが一体になっている物が有ります。

コーシューマー向けで言えば、ブロードバンドルーター、ルーターとハブが一体(ハブ内蔵ルーター)、無線LANルーター(ルーター+ハブ+アクセスポイント)など、ルーターと合体した物があります。

ルーターとハブの違い

ルーターは、データの送り先の交通整理(ルーティング)をするものです。別の言い方をすれば、コンピュータネットワークにおいて、データを2つ以上異なるネットワーク間に中継する通信機器です。例えば、社内の独立したネットワーク(LAN)と、一般的なインターネットのネットワーク(WLAN)の間を仲介するものというイメージです。

ルーターの配下に複数台のPCが在る場合、グローバルIPアドレスとは異なる、ローカルIPアドレスを振って個別に識別します。このIPアドレスの変換をIPマスカレード(NAPT)と言います。


一方ハブとは、一つの口から入ってきたデータを他の口に送り出す装置です。こちらは単純にデータを仲介するだけのもので、ネットワークの境界にはなりません。

リピーターハブは(カスケード接続)タコ足接続の事・2個までの制約があったのですが、現在ではほぼすべてがスイッチングハブとなりタコ足制約はありません。

最近では、PCのLAN端子もLANケーブルもギガビット対応が主要規格となっており、スイッチングハブも現在の利用状況では古い規格の100Mbpsの通信速度で問題なくても、ギガビット対応の新しい機器にしておいた方が将来的なトラブルを避けることができます。

お客様の業務に合った通信環境を

当社では、各種規格への対応は勿論のこと、お客様にとって本当に必要な通信環境を、出来る限り安いコストで実現いたします。


⇒ オフィスのLAN配線・ネットワーク工事


工事のご要望・ご質問は、03-6809-3015までお気軽にご連絡ください。

営業時間:平日9時~18時

貴社名
所在地
ご担当者様のお名前
電話番号
メールアドレス
配線の方式      
フロアー数 フロアー
お問い合わせ内容