Home > 電気・通信工事 > ビジネスフォン・PBX(電話交換機) > 電話交換機(PBX)の選び方 > 電話機50台~100台

電話機50台~100台

この台数帯は対応メーカーが以外と少ないです。100台前後が最適なスペックのものと200台以上設置できる大規模なもので製品群が分かれてきます。

台数辺りの費用は相対的にお手頃なものが多いですが、その分増設の余力が少ないものが多いので、近い将来に増設の予定がある場合は注意が必要です。

50~8080~100内線上限販売開始販売終了
NTTαZX Type L480台2022年
αNXⅡ Yype L576台2013年
EP72768台2006年2010年
NECAspire WX960台2018年
Aspire UX960台2013年
OKI(沖電気)CroseCore2 タイプ M82台2019年
CroseCore2 タイプ L768台2019年
IP stage MX128台2006年2014年
日立S-integral Type L256台2017年
NETTOWER MX-01384台2015年
integral-E typeL104台2009年
NAKAYONYC-Si タイプLA320台2017年
NYC-iF S54台2013年
NYC-iF M288台2013年
TOFINO NYC-iE/L104台2009年2013年
NYC-REXE/M64台2005年2014年
IWATSUFrespes448台2018年
LEVANCIO984台2011年
PanasonicIP OFFICE MⅡ82台2017年
IP OFFICE MX128台2010年
富士通IP Pathfinder S432台2019年
SAXAPLATIA Profetional82台2017年

PBX主装置が変わっても電話端末はそのまま使える場合もございます。

設備の導入・更新の際はぜひ一度ご相談ください。

お問合せ

⇒ 電気・通信工事トップ